ノストラダムスの大預言より的中率が高いベイの試合運び!!

今日から広島戦
広島10対1DeNA 敗大貫

先発大貫は初回から苦しい立ち上がり。
1回裏は無死1塁2塁から何とか0点で抑える。
2回裏は二死1塁2塁で無失点。
2度ある事は3度目は泣くとなりました。

3回裏に大量7失点。
それも2回裏無失点で抑えましたが、9番投手森下にヒットを打た事で3回の裏の流れへとケチがつき始めました。
先日の阪神戦でも5回裏坂口が9番投手ガンケルにツーベースを打たれて得点に結びついています。
先発投手が崩れる原因はちゃんとあるのです!!

そうなると守備陣がそれをカバーするどころか足を引っ張り出し大量失点へと戦死喪失で終了!!

乙坂にしろ高城にしろここまで守備が下手な事はない・・・だが、嫌な雰囲気がそのまま結果として現れてしまう!!

どのチームも手加減なく容赦無く襲いかかってくるし、防戦一方のベイ選手は緊張のあまり投手も野手も身体が動かず・・・。
失点を重ね、ファンはため息・・・

テニスプレーヤーの伊達公子。2013年東レパシフィックオープンで伊達がミスを重ねる度に会場の女性たちが「はぁぁ」と、ため息をつくのでこれに激怒し、「シャラップ」「ため息ばっかり!!」と、激怒。ファンを叱ってしまった形になってしまった。その後、観客が減ってしまったことがあるそうです。ファンあってのプロとしては致命的な事ですが、プロとしてプライドを持った行動と言えます。

今のベイのプレーはやる事なすこと、ため息ばっかり!!
草野球並みのプレーを見させらるのでため息出て当然ですが、本来ここまで下手なわけはない!!

目に見えない何かで物事が上手くいかないことをプレッシャーと言うのであれば極度のプレッシャー!!技術の問題ではないと言ってあげたい!!
が、歴史的な日々のトレーニングの積み重ねのあり方が露呈したのかもしれない・・・。
勝負どころで弱いのもトレーニングのあり方か?

ピンチとなり投手が投げれば打たれるんじゃないか?打ち取ればエラーするんじゃないか?チャンスでもどうせダブルプレーじゃないか?
と、予想は当たってしまいます・・・。

ファンから発せられる負のオーラがベイスターズに乗り移ってしまうのか・・・
と言うブログの中身がすでに負のオーラ!!

チーム牽引してきたベテラン選手が居なくなってしまった事が立ち直る術なくもがいているチーム状況でしょうか。

プレーしてミスるのは選手の責任。
それを選択したのは監督責任。
しかし、そこだけに責任があるとは思えない状況です。開幕1ヶ月なのに・・・。

Give Upできない戦いは、まだまだ続く!!
逃げ出すわけにはいかないのだから!!

今シーズン!!
ハートの強い選手を育て一勝を積み重ねる!!

頑張れ!! ベイスターズ!!

ランキングクリック
お願いします!
IMG_4652.jpg
こうやって取るんだよ!!

ランキングクリック
お願いします!

この記事へのコメント

スポンサードリンク