悔いが残る継投采配を監督は勝利の鬼に徹する事を学べ!!

今シーズンの浜スタ開幕試合で、大貫が今シーズン初勝利に向けて最高のピッチング。
攻撃陣も助っ人がいない中で桑原関根牧が今日も良い働きをし、5番宮崎もチャンスにタイムリーを放ち、勝ちゲームで進んだのですが・・・。

7回表に大貫が塩見に本塁打で1点を返されましたが、その裏1点を返し7回を終えて4対1!!
勝ちパターンで残り2回の継投。

三浦監督は石田を選択しました。Gアンツ戦で結果出せなかった石田に3点差ということできっかけを与える意味合いがあったのでしょう。
しかし、その期待に応えるパワーを残念ながら石田には感じられず、自信なさげな表情その通りの結果。
3度目の正直が、2度ある事は3度あるになってしまった・・・。
プロとしてはいかんよ!!
繋いだ康晃にもがっかりでしたが・・・。

8回表に石田ではなく康晃を選択していたら今後の展開を含めてどう変わるかわかりませんでした。
三浦監督は、石田に自信を取り戻させるチャンスがこの場面と判断したのでしょう!!

それはそれで、良しです!!

しかし、期待と結果はそう上手くは行かないことを学んだことでしょう!!
続いて出てきた康晃にもかなり、期待を損なうことになりましたが・・・。
順番が変わっていれば・・・。

7回康晃8回石田9回三嶋と、決めた以上簡単には変えられないでしょうが、今日の結果から学ぶ事ありそうです!!

攻撃陣!!
ガツンと打つ助っ人がいなくても・・・
盗塁下手っぴーですが、次の塁を狙う走力が見れてとても新鮮なベイスターズ!!
暫くこのメンバーで見ていきたいですね!!

今のところ心配していた助っ人のいない攻撃陣より、エスコバーがいないのが、痛い!!と、つくづく思う次第!!

大貫で勝って、新人入江の初登板を迎えたいところでしたが・・・。

三浦監督入江投手の初勝利をまとめて見させてもらいましょう!!

頑張れ!!ベイスターズ!!
IMG_3758.JPG
ランキングクリック
お願いします!



この記事へのコメント

スポンサードリンク