武者修行にいく選手達へエール!

台湾にて開催される「2019アジアウインターベースボールリーグ」に、コルデロ選手、伊藤裕季也 選手、知野直人 選手が参加が決定。
11月23日(祝・土)から台湾にて開催される「2019アジアウインターベースボールリーグ」

すでに
メキシコ合衆国・ウインターリーグに濱矢選手、関根選手が参加で出発しています。 2019年10月中旬~2019年12月末まで

2019年11月中旬~2020年1月末までは、
キャンベラ・キャバルリー(オーストラリアン・ベースボールリーグ)に阪口皓亮選手、大貫晋一選手、平田真吾選手、笠井崇正選手の派遣。

若い選手が、シーズンオフに武者修行!!1年中野球漬け!!
こんな経験はできないです!!

筒香 乙坂 昨年は今永と、皆、無我夢中で出かけ何かを掴んできました。
少しはゆっくりしたいなぁ・・・。とも思うでしょうし、若いから遊びたいでしょうし、指名されたからイヤイヤいく選手も中にはいるのかもしれません・・・。

しかし、、プロとなって生き残るために球団が用意してくれたチャンスをどう生かすかは自らの選択です!!
選ばれた選手として、何かを掴んで帰ってくることを期待していますよ!!

昨年は、今永のキャンベラでの登板時にはネットで見続けていました。顔付きがすでに変わっていました。
昨年首をかしげる今永の姿を見続けていたわけですが、キャンベラでの今永はそれを吹っ切るように思いっきり投球していました。
今シーズンの今永の姿を見ているとそのキャンベラでの投球時の顔つきそのものでした。

流石に後半は疲れが出てきたように見えました。
このオフは少し休んだ方が良いですよ!!

さて、若武者達!!

派遣先のチームで良いプレーを見せれば言葉は通じなくても地元のファンは応援してくれます!!
結果が全てのプロの世界!!どこに行っても良いプレーを見せることが生き残れる選手となります。
そのきっかけを掴んできて欲しいものです!!

スポンサーリンク

どの選手も期待を持っての派遣ですから大きな期待をするのですが・・・。
やはり、関根!!

何かが足りない!!その何かを掴んできて欲しい!!

荒波も足が速いのに強い打球を打つことに拘りすぎてうまく能力を生かせなかったと思ってます。
昔と違い、足の速い選手がミートを心掛ければ何とかなるという時代ではないので速い球や勢いのある球には強い打球を打つことが求められるのですが、足の速いという利点を活かす術を模索しないと荒波の2の舞になってしまいそうです。
クリーンナップと同じように強い打球を打つのと、足の速さを武器にした打撃!
それがどこにあるのかを特徴をどう活かすか模索すべきじゃないでしょうか?

皆!!若いんだから目一杯頑張って活躍することを期待してます!!

頑張れ!!

この記事へのコメント

スポンサーリンク
ランキングクリック
お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

最近のコメント