1位ソフトバンク2位巨人3位阪神

8位の広島26.9億円が、1位ソフトバンク63.2億円と戦っています。

2018年の球団年棒額です。

それがどうした!ですが、日本シリーズが終了すれば、選手達の年棒更改とFAトレードとなります。

2018年度の球団年棒額の

1位 ソフトバンク 63.2億円
2位 巨人     46.2億円
3位 阪神     35.9億円
   ・
   ・
   ・
9位 ベイスターズ 26.2億円
   ・
   ・
12位 ロッテ    21.2億円

ソフトバンクの選手でメジャーへ行きたい!という選手あまり?聞きません!
通用するような選手がいないのか?
メジャーが憧れ!という選手がいないのか?

他チームに比べて好待遇で選手を抱えられる球団はお金だけの問題ではなく球団、選手、ファンを大事にできる
金持ち球団だからでしょうね・・・。

お金の問題ではないことは重々承知の上ですが、強くなり選手の成長年棒と評価。
チームが強くなればなるほど現実とのギャップが出てきたとき選択をしなければならなくなる選手は
これから大変でしょう!

特に広島!今は日本シリーズでそんなこと考えもしないでしょうが、終わった途端に
どんなことが起こるんでしょうか?

日本シリーズでソフトバンクと広島が必死に戦っている最中に不謹慎ですが
ふと、気になりました。

この記事へのコメント

ランキングクリック
お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村
スポンサーリンク

最近のコメント