△中日戦え〜っ!ここで打たれるか〜?

負けなかったけど・・・。勝ってた試合なのに!パットンよ〜!

ウィーランドは、三度目の先発。毎回そこそこ良いピッチングをしてるけど、今日もナイスなピッチングではあったけど・・・。1対1で迎えた8回裏、石川2塁打、梶谷進塁打で筒香がタイムリー!!!これで勝った〜と思った!

9回表パットン!ツーアウトまで取ったのに、平田に同点ホームラン!なんだよ〜。今日は久しぶりに勝ち試合が見れる!灯ったのに・・・。結局12回まで引き分け・・・。冴えないなぁ・・・。



横浜スタジアム ⚪️3⚫️5

スタジアム観戦 ⚪️1⚫️4△1 (通算⚪️1⚫️5△1)


今日は、外野で応援です!試合がこんなに長くなるとは・・・。疲れました

IMG_3283.JPG


スポンサーリンク

4月21日(金) 横浜DeNAベイスターズ VS 中日ドラゴンズ

横浜 18:00 開始 試合時間:4時間11分 観客数:25,010人


     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 計 安 失

中日   0 0 0 1 0 0 0 0 1  0   0   0  2  7  1

DeNA 0 1 0 0 0 0 0 1 0  0   0   0  2  8  0


責任投手


S


本塁打

DeNA

中日 平田 良介 4号 ソロ(9回)


横浜DeNA 横浜DeNAベイスターズ

スターティングメンバー

1 中 桑原 将志

2 二 石川 雄洋

3 右 梶谷 隆幸

4 左 筒香 嘉智

5 一 J.ロペス

6 遊 倉本 寿彦

7 三 白崎 浩之

8 捕 戸柱 恭孝

9 投 J.ウィーランド


バッテリー

DeNA J.ウィーランド、S.パットン、三上 朋也、田中 健二朗、須田 幸太、山﨑 康晃

- 戸柱 恭孝、髙城 俊人

中日 又吉 克樹、小川 龍也、祖父江 大輔、岩瀬 仁紀、佐藤 優、田島 慎二

- 杉山 翔大


試合戦評

3連勝を狙う横浜DeNAベイスターズは、今日から横浜スタジアムに戻り中日との3連戦!横浜DeNAが2回に相手エラーで1点を先制!しかし好投していた先発のウィーランドが4回に平田にタイムリーを浴びて同点とされる。それでもウィーランドが中盤以降を粘りのピッチングでしのぐと、8回に筒香のタイムリーで2-1と勝ち越し!ところが9回、パットンが平田にソロを浴びて同点…。試合は12回の死闘の末、決着つかず引き分けとなった。


横浜DeNAの先発はウィーランド。ここまで2試合に先発してまだ勝ち星こそないが、防御率2.13と抜群の安定感を誇る!その立ち上がり、先頭の京田にいきなりヒットを浴びるも、現在セ・リーグ首位打者の大島をダブルプレーに打ち取り無失点!


ウィーランドに先制点をプレゼントしたい横浜DeNA打線は1回、制球の定まらない中日先発の又吉から2四球などで2死満塁とするも、後続が倒れて得点ならず。それでも2回、先頭の白崎が内野安打で出塁すると、ウィーランドの犠打などで2死2塁のチャンス!ここで桑原が打ち上げた打球はショートへのフライと思われたが、京田が落球。2塁走者・白崎が生還してラッキーな先制点が転がり込んだ!


ウィーランドは2回、3回は得意のカーブを有効に使い、リズムよく3人でピシャリと抑える!しかし4回、先頭の京田に内野安打を許すと、大島のポテンヒットなどで1死1・3塁のピンチを招く。ここで1塁走者・大島がスチールを仕掛けるも、キャッチャー戸柱のストライク送球で大島を刺して2死!何とか無失点で踏ん張りたいウィーランドだったが、平田にタイムリーツーベースを浴びてしまい、1-1の同点とされてしまった…。


勝ち越し点を奪いたい横浜DeNA打線だったが、中盤以降は中日・又吉を攻略できず、ホームを踏むことができない。それでもウィーランドは味方の反撃を信じ、スコアボードに「0」を刻んでいく!ウィーランド、最大のピンチは7回。先頭の大島にスリーベース、続く平田を四球で歩かせてしまい無死1・3塁…。だがこのピンチにもウィーランドは動じず、ビシエドをインハイのストレートで空振り三振に斬って取ると、続く藤井は外角いっぱいのストレートで見逃し三振!最後はゲレーロをカーブで見逃し三振に仕留めて無失点でしのいだ!


この力投に横浜DeNA打線も応える!8回、先頭の石川がツーベースヒットを放つと、続く梶谷が進塁打を放ち1死3塁。打席には4番・筒香。筒香の放った打球は高く弾み前進守備の内野の頭上を越えライト前へ!3塁走者・石川が生還して2-1と勝ち越しに成功した!筒香は「イシさん(石川)が出塁してくれて、カジさん(梶谷)が必死に進塁打を打ってくれた姿を見て燃えるものがありました。良い当たりではなかったですが、タイムリーになって嬉しいです」と貴重な一打を振り返った。


8回も2つの三振を奪い3人で抑えたウィーランドはこの回で降板。115球、9奪三振の好投を見せた!迎えた9回、横浜DeNAはパットンをマウンドに送り出す。パットンは順調に2死を取ったが、平田にライトスタンドへのソロホームランを浴びてしまい、土壇場で試合を振り出しに戻されてしまった…。


その裏、横浜DeNAは先頭の白崎がレフトへのヒットで出塁すると、戸柱が追い込まれながらも重圧を跳ね除けスリーバントを成功!さらに代打・佐野が四球で歩いて1死1・2塁とサヨナラのチャンス!スタンドのボルテージは最高潮に達するも、後続が倒れてしまい試合は二夜連続の延長戦へ。


横浜DeNAは延長10回から三上、田中健、須田と継投し、中日打線に得点を与えない!横浜DeNAは11回、2死から代打・荒波がツーベースを放ち、サヨナラのチャンス!しかし代打・乙坂が倒れて得点ならず…。12回は山崎康が気迫の投球で中日打線を3人で封じ、横浜DeNAの敗戦の可能性がなくなる!しかしその裏、1死から石川が四球で出塁したものの後続が倒れてゲームセット。今シーズン2度目の引き分けとなった。


明日の予告先発は石田。明日こそ今シーズン自身初勝利を!そして『YOKOHAMA GIRLS☆FESTIVAL 2017』で詰めかけた女神たちに勝利を届ける!

(横浜DeNAベイスターズHP試合戦評より)

この記事へのコメント

ランキングクリック
お願いします
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村
スポンサーリンク

最近のコメント